「書くこと」を副業として始める全てのヒトに捧ぐ”人心掌握ライティング”

Estimated read time 0 min read
「書くこと」を副業として始める全てのヒトに捧ぐ

「書くこと」を副業として始める全てのヒトに捧ぐ"人心掌握ライティング"

ショウ
2023-05-02
1 件のレビューがあります
平均スコア 5.0

はじめに

「せっかくライティングの勉強して有料記事を書いたのに、思ったより売れないな」


見てくれる人はいる。
売れていないわけでもない。
でも、思うように売れない。


これが、初めてnoteを販売したときの僕の感想でした。

何時間もかけて書いた記事がなかなか売れず、


「これなら、バイトでもして時間給をもらった方がマシだった…」
「ほかの副業でも探そうかな…」


こんな考えに陥り、再び副業の情報を集めだす毎日。

「あれもいいな、これなら自分にもできそう」

せっかく行動に移せたにも関わらず、僕はここで、再びノウハウを集めだすという無駄な時間を過ごしてしまいました。

きっと、0→1達成者の多くはこの状態を経験しているでしょうし、今まさにこの状態かもしれません。

もちろん、これから動き出す人たちも例外ではないです。

でも、考えてみてください。

副業に興味があっても、実際に行動に移せる人は多くありません。

僕の周りにも、「副業に興味はあるけど、家に帰るとYouTube見たり、寝たりしちゃうな〜」という人がたくさんいます。

行動に移せた時点で、僕たちは周りの人より遥か先を歩いているんです!

話を戻しますが、再び情報収集をしているうちに、僕はあることに気が付きました。

今までライティングの勉強をしてきたことは、無駄ではなかったんです…!

いくつもコンテンツを読んでいるうちに、分かってきたんですよ。

ヒトを惹きつける」書き方が。

コンテンツ自体は似た内容なのに、


・最後まで読み入ってしまうもの
・最初の2~3行で読むのをやめてしまうもの


これらの違いって、みなさんは分かりますか?

本コンテンツでは、


・これから「書くこと」を副業としたい人
・コンテンツが売れずに悩んでいる人


以上の人たちが、文章を書くうえで絶対に押さえなければならないポイントを解説していきます。


本コンテンツをオススメする人


✅本コンテンツをオススメする人
・これから「書くこと」を副業として始めたい人
・有料記事(=コンテンツ)を販売したけど、思うように売れていない人
・顔出ししたくない人
・毎日は難しくても、コツコツ積み上げて資産を形成したい人


✅本コンテンツをオススメしない人
・すでに毎月、「書くこと」で数万円の収入がある人
・即金性を求める人
・もう「ライティング」の勉強はしたから、自分は大丈夫!という駆け出しの人
→本当はこういった人こそ手に取ってほしいのですが、1度販売を経験し、必要だと感じたら手に取って頂けると幸いです。


そもそも、あなたが「書くこと」を副業に選んだ理由を思い出してみてください。

それは、数ある副業の中で「書くこと」が最もリスクが小さかったからではありませんか?


「株とかFXは失敗したときの金銭的リスクが大きくて怖いな…」

「店舗せどりは周囲の目が気になるし、在庫を抱えるリスクもあるし…」

「YouTuberみたいに顔出しは嫌だし、そもそも動画編集ソフトの使い方わからん…」

「…プログラミング難しすぎじゃない?」

「あ、でもブログとかnoteはリスクがほぼ無いし、とりあえず書いてみたら少しくらい稼げるかも?」


その点、noteやBrain、ブログやアフィリエイトといった「書くこと」を活かした副業は、心理的な障壁が小さかったのではないでしょうか。

それはきっと、副業を始めようとしたほとんどの人が感じることです。

コロナで給料が下がったり、円安で日々の生活が苦しくなったり。

今の経済状況は、副業を始めようと思う要因で溢れています。

国も企業も副業を推進し始めているため、止める人は誰もいません。

そんな状況だから、リスクの少ないブログやアフィリエイト、noteといった「書くこと」を副業にする人が溢れかえりました。

あなたがせっかくライティングの勉強をして書いた記事も、溢れかえった初心者たちの記事の1つになってしまっていませんか?

「じゃあ、飽和してるんだから結局は稼げないの?」

そう思ったあなた。

これは、半分正解で半分不正解です。

最初に書いた通り、少なからず見てくれる人がいるのであれば、あとは他の人との差別化で売れます。

差別化ができなければ、他のライティング初心者の中に埋もれるだけです。

「差別化って…それができたら苦労しないよ!」

うんうん、皆さんからのブーイングの嵐が目に浮かびます(苦笑)

でも、差別化というのは内容のことではないですよ。

ただ、「読んでもらえる」書き方を覚えるだけなんです。

差別化=内容の違いだと思っている人は、今すぐその固定概念を捨てましょう

ライティングの勉強を始めて、「PASONA」や「QUEST」といった文章の型を見たことがない人はいないですよね。

確かにこれは大事な法則ですし、本文の中でも解説させて頂きますが、これだけでは溢れかえった初心者に埋もれてしまいます。

だって、みんな勉強しているから。

気にしなければいけないことは、文章の型ではないんです

副業でライティングしている人は、きっと仕事から帰ってきて、夕食やお風呂を済ませてから執筆を行いますよね。

もしかしたら、睡眠時間を削って頑張っている方もいらっしゃるかもしれません。

それにも関わらず、努力が報われずに成果が得られないと、継続するのは難しいですよね。

これから解説する「ヒトを惹きつける」書き方は、

✅他の本を何冊も読んで勉強する必要はないです。このコンテンツだけで完結させます。

本コンテンツの内容は、


1章.文章でヒトを思い通りに動かすために抑えるべきポイントとは?
2章.お客様に喜んで頂きながら商品が売れる、セールスレターの書き方とは?
3章.副業を始めた”ほとんどの人”ができていないライティングの極意とは?


という構成になっており、副業初心者にありがちな固定概念を変えながら、ライティングの上達を目指す内容となっています。


✅せどりのように店舗にくり出して、納品作業して〜といった長時間の作業は必要ありません。あなたが記事を書いた時間+1時間で済ませましょう。

僕もせどり経験者ですが、知識が乏しく、店舗を半日ほど回っても3,000円くらいしか利益商品を見つけられませんでした…

そこから帰宅して梱包、納品としていたら丸一日潰してしまいます。

それをずっと続けなければ、収益が発生しません。

それに比べてライティングは、1回記事(=コンテンツ)を書けば、半永久的に利益を生み出す自動販売機になります。

その自動販売機に並べるあなたの商品を、+1時間でさらに良いものに仕上げましょう!


✅参考になる書き方は、世の中にたくさん転がっています。今まで気づかなかっただけ。これからは、そういった「上手い」書き方が日々の生活の中からどんどんインプットできるようになります。

あなたは生活の至るところで、言葉巧みに「購入」まで誘導されていました。

これからは、あなたが人の心を動かし、「購入」へと導く番です。

本コンテンツの内容を理解することで、世の中にある「上手い」書き方が分かるようになります。それらをどんどん吸収していきましょう!

ちなみに、この時点で2,000文字(原稿用紙5枚分)ほどの文量があります。

普段なら、そんなに長い文章をわざわざ読まないですよね?笑

ここまでの文章にも、「読んでもらえる」書き方がたくさん盛り込まれています。

皆さんにも、余すことなくお伝えしますのでご安心を。

本コンテンツの内容を理解することで、

このような通知がポンポン届くようになります。

あなたが寝ていても、銀行口座に1万円、2万円とお金が振り込まれるようになるんです。

コンテンツの数を増やしていけば、その金額は次第に大きくなっていきます!

ヒトを惹きつける」書き方を覚えて、どんどん売れるコンテンツを作っていきましょう!!


モニターに協力してくださった皆さんの感想

今回モニターに協力してくださった皆さんの感想を、いくつか紹介させていただきます。

ありがたいことに、自分が意識した点を評価していただけました。

この度はモニターに協力してくださり、ありがとうございました!


特典の紹介

購入して頂いた際は、

①50%アフィリエイト権利

②無制限質問権利

③あなたのコンテンツ作成を妨げる「固定概念」の破壊

以上の3つを特典としてお付け致します。

②については、購入したことが確認できるスクショとともに公式LINEにご連絡ください。

③については、公式LINEにキーワードを入力してください。キーワードは本編に記載しています。


価格について


⚠️最終2,980円まで値上げします。
10部売れる度に
980円→1980円→2980円
と値上げしていきます。


それでは、本編をどうぞ!


この続きを見るには購入する必要があります

この記事を購入する

 262 total views,  1 views today

この記事のレビュー

1 件のレビューがあります
平均スコア 5.0
あや

納得しました

ヒトを惹きつける書き方ってなんだろう?と思いましたが、本編を読んで「なるほど」と納得しました。 初めてライティングの教材を買ったため他との比較はできませんが、最初に手に取る分には分かりやすかったです。 また、最後に嬉しいサプライズ?もあり、買って終わりではなく、すぐに行動に移せる内容でした。

この記事を購入する

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours