• 火. 6月 22nd, 2021

企業サイトに直接応募するのとエージェント利用ではどっちが有利

企業サイトや専門のエージェントを利用する人もいるでしょう。企業サイトからの場合では直接応募することができ、エージェントでは様々なサービスを受けられます。この2つを比較したとき、どちらを利用した方が有利なのでしょうか。
企業サイトとエージェント、どちらが悪いというわけではありません。どちらを利用しても面接が上手くいけば、内定をもらえる可能性があります。しかし利用して有利なのは、エージェントを経由した方です。
企業サイトから直接応募をしても、それがマイナスに働くというわけではありません。しかし転職のためにエージェントを経由すると、恩恵を受けることができるため有利なのです。
求職者が優秀であれば、エージェントが積極的に動いてプッシュしてくれる場合もあります。それにはエージェントが受け取る報酬の仕組みが関係します。
求職者がエージェントを利用する場合、完全無料であることが基本です。エージェントは求職者からではなく、企業から成功報酬を受け取って成り立っています。
求職者が内定することは、エージェントにとってもプラスに働きます。内定率を上げるためにエージェントが企業に対して働きかけるため、転職活動がスムーズに進むかもしれません。
企業はエージェントに対して仲介料を支払う必要があるためです。
仲介料の金額ですが、採用者の年収30パーセント以上と言われています。たとえば年収360万円の求職者がいた場合を考えてみてください。年収が360万円でありその30パーセントは108万円となるため、仲介料は最低でも468万円となります。
それが採用のためにコストとなりますが、直接応募から採用した場合はかかりません。同じスキルを持った求職者が企業サイトから直接応募した場合、企業はコストがかからない方を選ぶのではないでしょうか。
そのためスキルに自信があれば、企業サイトの方が有利なのです。しかしエージェントを利用すれば面接対策などのサービスがあるため、一概には言えない部分もあります。
基本的にはエージェントの方が有利なのですが、場合によっては企業サイトの方が良いこともあるため使い分けが重要です。スキルに自信がなく面接対策をしっかりとしておきたい場合、エージェントに登録すると良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

テキストのコピーはできません。